Search
  • Yusuke N.

イノシシ・ダイサギなど / Wild boar, great egret, etc.

Sigma 150-600mm contemporaryの調子確認も兼ねて撮影に。カモを探しに阿知須方面へ向かいました。


このレンズは大変シャープで取り回しも比較的良い一方で、不定期に異常にピントが甘くなる症状があります。メーカー相談、交換も行ったものの解消せず、対応に苦慮していました。

下は先日初めて撮影したタゲリ@有明海(トリミング)ですが、運悪く発症してしまい、甘々の写真となってしまいました。終日の撮影では最低1~2回は発症しているようです。


Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

発生状況や写真に現れる影響から、「手振れ補正機構」(シグマではOS)が怪しいと睨みました。そこで写りが絶好調のタイミングで手振れ補正をオフにし、当分の間そのまま撮影することにしました。今回はその検証初日ということになります。



思いがけず子イノシシを発見。食べ物を探しているのか、池の周りをしきりに掘っている。

Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

イノシシの一般的な出産時期は春なので、生後10か月くらいだろうか。親イノシシに出くわすと危険なので姿を探したが見つからない。この後、藪の中に帰っていった。

Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

山口県きらら博記念公園付近は干潟が広く、多くの鳥が飛来する。今回は干潮を外してしまったためか少な目。

Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

餌を探して浅瀬を歩き回るダイサギ。

Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

着水するダイサギ。

Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

肝心のカモにはあまり出会えず。トビたちのねぐらを見つけた。

Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

さて、検証結果はというと、レンズは終日絶好調を維持し、遠方の被写体に対しても大変シャープな写りでした。手振れ補正が使えないのは多少不便ですが、しばらく継続してみたいと思います。


さっさとNikon 500mm F5.6 PFに行けばよいのですが、本レンズも絶好調時の写り、+100mmのアドバンテージは捨て難いところです。600mm F5.6 PFを早く出してほしい。


Nikon D500 + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

0 comments

© 2020 portfolio of the photography works by NARAKI Yusuke.

See also in Flickr and Gettyimages.

Please reload the page when pictures do not appear.