Search
  • Yusuke N.

アオゲラ・エナガなど / Japanese green woodpecker, long-tailed tit, etc.

Updated: Sep 13, 2020

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6Eを持ち出して撮影に出る機会が多くなりました。1.4倍テレコンTC-14E IIIを同時購入していますが、そちらは試し撮り程度で、まずは素の実力を確かめる日々です。

評判通りの携帯性、シャープさで撮るのが楽しくなるレンズです。VRは視野の安定性から予想するほど歩留まりが良くないことが多く、森の中など薄暗い場所での撮影はもっと注意深く構える必要がありそう。


最近は家から歩いて5分の所にある公園に重点的に通うようにしています。街中の公園ですが、小山になっており、意外に侮れないフィールドです。時間効率や機動性も大事。


キツツキの仲間、アオゲラです。頭の赤い色がよく目立ちます。日本の固有種でもあります。

水平に伸びた朽ちかけの木の枝を熱心に突きまわっていました。今一歩近付けず、木立の間から撮影。少しトリミングしてあります。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

木の裏側なので分かりにくいですが、くちばしがすっぽり入るくらいの穴が既に空いています

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

キジバトの羽根の模様は案外と凝っていて、渋い美しさ。

キジバトといえば、『デデッポポー、デデッポポー』などと言われるあの鳴き声は誰しも聴いたことがあるでしょう。この鳴き声、一聴すると同じですが、方言というか地域によってバリエーションがありそうです(個体差もあると思います)。近所のキジバトと、九州のキジバトの鳴き声は速度が明らかに違っていました。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

ジョウビタキ(メス)。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

エナガはかなり小型なうえ、ちょこまかと枝を飛び移り回るので、捉えるのが大変です。見ているとこの近くで営巣しているらしく、巣材を集めているようでした。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

© 2020 portfolio of the photography works by NARAKI Yusuke.

See also in Flickr and Gettyimages.

Please reload the page when pictures do not appear.