Search
  • Yusuke N.

サイトの立ち上げ / Starting my site

Updated: Sep 13, 2020

オンラインでの写真公開の場としてFlickrを利用していました(今もしています)。それ以外にも500px、YourShot(National Geographic)を使ってきましたが、とうとう自サイトでの公開に至りました。blogを始めるにあたり、このあたりのことを書いてみます。



Flickr

いわずと知れた大手サイトで、初めてデジタル一眼で写真を撮り始めてしばらくの間、proアカウントも取得しメインで利用していました。しかしいつしか、グループ投稿やfave、コメントなどが、自身の写真のビューを稼ぐための作業と区別が付かなくなり、それが苦痛で疎遠になりました。

気が付くとSmugmugに買収され、サイトの先行きも怪しくなっています。ここを将来もメインに据えることは不安があります。freeアカウントで継続。


500px

より切磋琢磨できる環境を期待して開始。投稿から一定時間内にどれだけ注目を集められたかが順位に反映されるため(注:現在のシステムは知りません)、Flickrもはるかに超える馴れ合いの応酬に辟易しアカウント削除。また写真自体もサムネイルでの一瞬のインパクトを追及する傾向にあり、風景がCGにしか見えないようなものも多く嗜好に合いませんでした。もちろん素晴らしい写真もたくさんあります。


YourShot

長くNational Geographic誌に大きな影響を受けて写真を撮影してきました。コミュニティの写真レベルの高さもあり、メインの位置付けとして期待していましたが、残念ながら2019年にサービス終了。




SNSやコミュニティで写真を公開して見てもらうというのは、持ちつ持たれつの関係です。しかし、特に好きでもない写真に何十万枚もlikeやfaveを付けて、相手の注意を引くことだけが目的になるのは本末転倒です。


こうした状況から一旦距離を置いて、自身の写真活動をどうしたいのか考えたときに出た答えが、サイトを立ち上げることでした。


ただ趣味として撮って、ひたすらストレージに貯めこんでいくのは嫌だ。どこかに吐き出して見せ合いたい。感想を聞きたい。安心して写真を公開できる場所が欲しい。不毛な馴れ合いはいらない。


とはいえSNS全盛のいま、個人サイトは人に見てもらうことが極めて難しい場所になっています。そのため、Flickrを継続的にハブとして活用しながら、上手に両方を行き来してバランスをとれないか、模索したいと思っています。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

narakiphotography.comをどうぞよろしくお願いいたします。



0 comments